業務委託の求人方法とは?業務委託のメリット・デメリットまで解説します。

業務委託

業務委託の求人方法とは?業務委託のメリット・デメリットまで解説します。

自社業務の効率化や人材不足の解消などを目的として、業務委託を行う企業が増加傾向にあります。

特に今後は、フリーランスの増加や副業を始める方が増える点などからも業務委託はより一層、一般化されるようになるでしょう。

本記事では、業務委託の求人方法からメリット・デメリットまでご紹介します!

業務委託とは?

業務委託契約とは、「会社が自社の業務を外部の企業や個人に委託すること」を指します。

近年においては、市場全体の人材不足が進む背景から業務委託という就労が注目を集めています。

業務委託を行うことで、自社社員を確保するために採用活動をしなくても、プロジェクトに対し、限られた人材で効率的に進めることができます。

業務委託のメリットは?

人材教育のコストを抑えられる

自社の業務を外部に任せることで、新入社員が専門性の高い業務をこなすために必要な教育コストを削減できます。

また、新入社員に対してせっかく教育コストをかけたにもかかわらず辞職をしてしまうリスクも回避することができるでしょう。

その点、業務委託を行うことで、新入社員が一人前に働けるまでの教育コストが抑えられるため、メリットと言えます。

人件費を抑えられる

業務委託を行うことで、会社の人件費を抑えることができます。

もし専門性の高い職種の人材を会社で雇うとなると、毎月多くの人件費が必要になります。

しかし、業務委託として専門性の高い業務を外部に任せることで、コストを大きく抑えることが可能です。

ほかにも、人材を採用するための採用コストや設備代、社会保険料なども削減することができるでしょう。

一見、業務委託と聞くと、膨大な費用がかかるイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際社内で処理するよりもコストの節約につながることが多いです。

社内人材の時間を確保できる

業務委託として、社内の業務を外部に委託することで、これまでそれら業務に関わっていた人材の手を空けることができます。

社内人材の手が空くことで、他の業務に配置することができたり、コア業務に携わらせて社内リソースを増やすことができます。

そのため、結果として社内のイノベーション推進や働き方改革にもつながるなど、様々なメリットがあります。

業務委託のデメリットは?

社内ノウハウや人材教育が進まない

業務委託をすることで、専門性の高い優秀な人材が育ちにくくなる可能性があるという点がデメリットとして挙げられます。

業務委託をし過ぎることで、社内にノウハウを蓄積することができず、結果として社内全体のスキルや経験が高まらないことがあります。

そのため、業務委託にはコスト削減などのメリットもありますが、社内のスキルアップも考慮に入れ、慎重に考える必要があるでしょう。

人材管理が難しい

業務委託では、業務を委託した人材を管理することが難しいというデメリットがあります。

業務を委託した人材とうまく意思疎通が取れないと、プロジェクトがなかなか進展しなかったり、質が下がってしまう可能性があります。

そのため、社内人材と関わる以上に「進捗状況」や「目標設定の具体化」など、共通認識を常にすり合わせることが大切です。

業務委託の求人方法

クラウドソーシングサービスで探す

業務を外部に委託する方法の一つとして、クラウドソーシングの活用があります。

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて不特定多数の人々が業務を依頼・受注するサービスです。

代表的なサービスとしては、「クラウドワークス」や「ランサーズ」が挙げられます。

クラウドソーシングを業務委託に活用する際は、一定の手数料がかかりますが、比較的短期間でスピード感を持って人材を確保できる点が特徴です。

求人サイトを活用する

求人サイトでも業務委託先を探す手段として活用できます。

一見、人材の採用に利用されるイメージがありますが、業務委託の人材確保にも同様に利用できます。

特徴としては、クラウドソーシングは短期間でスピード感のある人材確保なのに対し、求人サイトは長期的に業務を依頼したい場合に利用されています。

また、求人サイトによって、どの業種・職種に特化しているのかが異なるため、業務委託の求人に活用する際は、サイトの特徴を事前に把握すると良いでしょう。

ちなみに当社が運営する複業マッチングサービスKROWはハイスキルなビジネス系人材に特化した求人サイトになっているので、マーケティングや新規事業開発などの人材を探している企業様はぜひご活用ください。

自社ホームページで求人募集をする

業務委託の求人方法として、自社ホームページの活用から募る方法があります。

自社ホームページを使う利点として、クラウドソーシングサービスや求人サイトと比較して、募集コストを格段に抑えることができます。

しかし、一方で閲覧数が増えにくい傾向にあるため、人材を確保するためにそれなりの時間を覚悟する必要があるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「業務委託の求人方法」から「業務委託のメリット・デメリット」までご紹介しました。

業務委託の求人方法には、目的に応じて様々な手段が存在します。

業務委託を考えている方は、本記事で紹介した求人方法を活用してみてはいかがでしょうか?

本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました