【徹底比較】フリーランスと会社員のメリット・デメリット【働き方】

業務委託

【徹底比較】フリーランスと会社員のメリット・デメリット【働き方】

フリーランスと会社員は何かと比べられることが多いですが、それぞれのメリット・デメリットを具体的に理解している方は、少ないのではないでしょうか?

そこで本記事ではフリーランスとサラリーマンについて徹底比較して解説します。

フリーランスと会社員の違いを比較

フリーランスとは

フリーランスとは、「特定の企業や団体に属さない働き方」を指します。

つまり、企業との雇用契約は結んでおらず、業務請負契約のような形で、企業と直接契約をするような働き方です。

基本的に請負契約では、クライアントが指示をすることができないという点があるため、時間や場所の自由度が高い点は特徴です。

会社員とは

会社員とは、特定の企業と雇用契約を結ぶ働き方を指します。

契約方法として、フリーランスは規定を問わないのに対し、会社員は会社の規定に従う必要があります。

場所や時間、働き方に自由度はないものの、固定収入がしっかりと担保されている点が会社員の特徴です。

フリーランスと会社員の違い

フリーランスと会社員の働き方には様々な違いがありますが、主な点でいうと、

・仕事の進め方
・収入
・税金/保険

の点が大きな違いとしてあげられます。

フリーランスは、チームや上司という存在がいない場合が多いため、自ら考え責任を持って活動する必要があります。

収入面においても、会社員は固定収入を得られますが、フリーランスの場合は仕事で成果を出せば出すほど収入を得ることができます。

そのため、フリーランスの年収は100万円台から1000万円台まで幅広いです。

最後に税金や保険に関してですが、会社員は基本的に会社が税金の処理を行ってくれますが、フリーランスの場合は自らが確定申告などを行う必要性があります。

加えて、保険に関しても、会社員の場合は医療保険や年金保険などを会社が半分負担してくれています。

このように、フリーランスと会社員とでは、仕事の進め方や収入、税金/保険が主な違いとして挙げられます。

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットは主に、

・仕事の自由度が高い
・収入が青天井

という点があります。

実際に、フリーランスの仕事の進め方としては、基本すべての業務を自分ひとりで行う形になります。

そのため、働く場所や時間帯を自由に決めることが可能です。

また、仕事内容においても、会社員であれば基本的に選り好みをすることはできませんが、フリーランスだと自分で選ぶことができます。

さらに、フリーランスの場合は、自分が成果を出せば出すほど比例して収入を上げることができます。

このように、仕事の自由度と収入面はメリットとして挙げられます。

フリーランスのデメリット

フリーランスのデメリットとしては、以下の通りです。

・社会的信用がない
・収入が安定しない

最近だと、フリーランスは増えてきているため、社会的信用も比較的上がってきていると思いますが、やはり社会的信用の低さは否めないでしょう。

それは、収入の不安定さにも影響しているのですが、フリーランスは収入が青天井である一方で、逆に全くもらえなくなるというリスクもはらんでいます。

このように、フリーランスのデメリットとして、社会的信用や収入の不安定さが挙げられるでしょう。

会社員のメリット・デメリット

会社員のメリット

会社員の主なメリットとして、

・社会的信用がある
・福利厚生の恩恵を受けられる
・生活の保障がある

という点が主に挙げられます。

やはり、会社員はフリーランスと比べ、社会的信用が高いことからクレジットカードやローンの際に審査に通過しやすいという事実があります。

また、会社には福利厚生制度があるところも多く、様々な場面での支援が期待できます。

加えて、会社員として雇用されていれば、固定収入や社会保険への勧誘など、経済的な面でも安心して生活できる点があります。

会社員のデメリット

会社員の主なデメリットとしては、

・時間や場所の自由度が制限されている
・人間関係に悩むことがある
・収入が急には上がりにくい

という点があります。

フリーランスのメリットの裏返しとも言える内容もありますが、働き方の自由さや人間関係に関しては、会社は組織やチームで活動することが多いことが理由でしょう。

加えて、収入面においては、ベンチャー企業や成果報酬型の働き方をしていない企業であれば、急に収入が爆上がりすることは極めて難しいのが現状です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はフリーランスとサラリーマンについて徹底比較しました。

どちらが良いとは一概には言えませんが、それぞれ特色があるのは事実です。

そのため、自分に合った働き方を検討して一歩踏み出してみるのも良いかもしれません。

本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました