フリーランスと起業の違いとは?それぞれメリット・デメリットを解説。

業務委託

フリーランスと起業の違いとは?それぞれメリット・デメリットを解説。

「フリーランス」や「起業」という言葉を耳にしたことはあるが、具体的な違いは説明できない、という方も多いのではないでしょうか?

フリーランスと起業には、それぞれ意味や特徴が存在します。

そこでこちらでは、フリーランスと起業の違いからそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

フリーランスと起業の違いとは?

フリーランスの定義

フリーランスとは、「特定の企業や団体と雇用契約を結ばず、仕事を請け負う働き方」のことを指します。

フリーランスは、業務を請け負う形で契約をしている点が特徴であり、自分の知見・スキルなどの価値を提供することで対価を得ている働き方です。

起業の定義

起業とは、言葉の通り「業を起こすこと」であり、新しく事業を立ち上げるという行為こそが起業の意味を表します。

そして、起業は法人だけでなく個人事業主でも可能です。

フリーランスと起業の違い

フリーランスと起業の違いは、そもそも意味合いが全く違うため、正直明確な比較対象ではないとも言えます。

どういうことかというと、

フリーランス:働き方(特定の企業と雇用契約を結ばない働き方・being)

起業:行為(事業を起こす・to do)

という形で、フリーランスはそもそも働き方自体を指す言葉であり、一方起業は行為自体を表すという違いがあります。

フリーランスのメリット・デメリット

近年において、フリーランスという働き方が注目されていますが、メリット・デメリットそれぞれの側面を持っています。

こちらでは、フリーランスにおけるメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

フリーランスのメリット

なんといっても、フリーランスのメリットとして「時間と場所の自由度」が挙げられるでしょう。

会社員として働いていると、毎日満員電車に乗って出社する必要があったり、勤務時間が固定されているなど、時間と場所の自由度は制限されてしまっていることが多いです。

その点、フリーランスという働き方であれば、企業に属せず業務を請け負って働く形であれば、時間と場所の制限を最小限に抑え働くことが期待できるでしょう。

フリーランスのデメリット

時間と場所の自由度が高いのがメリットでしたが、一方でデメリットもあります。

具体的なデメリットとして、

・収入が不安定
・社会的信用がない

という点が挙げられます。

会社員であれば、雇用されている期間は、言ってしまえばたとえ手を抜いたとしても収入を得ることができます。

もちろん、手を抜いていることがバレてしまうと、解雇のリスクはありますが、人それぞれの実力によって収入が変化することも短期的にはありません。

また、収入が不安定であるという面から、フリーランスは会社員に比べ、社会的信用が少ない傾向にあります。

実際に、ローンを組めなかったり、クレジットカードが契約できないといった状況に直面したフリーランスの方も存在します。

このように、フリーランスにとって、収入が不安定・社会的信用がないというのは、デメリットとして挙げられるでしょう。

起業のメリット・デメリット

起業というと、やはり「失敗するリスクがあるもの」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

もちろん、それも間違いではありませんが、起業には様々なメリット、ないしは他のデメリットも存在します。

こちらでは、起業のメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

起業のメリット

起業のメリットとしては、

・法人化による節税効果
・より自由な働き方を実現可能

という点があります。

法人として起業をすることで、様々な節税効果が期待できる上に、フリーランスと比べ社会的信用が高まる傾向にあります。

また、起業では自らが事業を考え運営する活動のため、フリーランスよりもさらに自由度が高いです。

フリーランスの中でも働き方は様々ですが、特定の企業と雇用契約を結ばないとしても、クライアントは存在することが多いでしょう。

言い換えると、クライアントに依存することもあり得ます。

その点、起業はそもそもクライアントが存在しない場合も多いため、自由度がより一層高い点は特徴です。

起業のデメリット

起業のデメリットとしては、なんといってもリスクの大きさ・手間でしょう。

最近では、以前と比べて起業のリスクは低い傾向にありますが、それでも事業を起こすということは、失敗するリスクももちろんあります。

また、初期投資や諸手続きなど様々な手配が必要になるため、始めるハードルも比較的高いです。

このように、起業のデメリットとしては、リスクの大きさや手間が挙げられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、フリーランスと起業の違いからそれぞれのメリット・デメリットを解説しました。

フリーランス・起業それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自分に合った適切な方法を検討してみても良いかもしれません。

本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました