業務委託とアルバイトの違いについて

業務委託

業務委託とアルバイトの違いについて

アルバイトに関しては、大体の人が働き方に関して大まかなイメージを持つことができるかと思いますが、業務委託との違いは?と問われたときに答えられる人はどのくらいいるでしょうか?今回はその違いについて迫っていきたいと思います。

アルバイトとは

まず初めにアルバイトとは、あくまでも雇い主に雇用された労働者です。企業との雇用契約を結んで働きます。定められた労働条件に沿って働き、労働時間や給料も働き始める時点で決まっています。

また、アルバイトは企業に雇用されているので社会保険や労災、福利厚生を受けられる権利が与えられています。また、社会保険の支払いなどに関しても給料から天引きとなっており、面倒な諸手続きを行う必要がありません。

業務委託とは

続いて業務委託についてみていきましょう。

業務タクトは、アルバイトとは異なりあくまで個人事業主として行う契約であり、企業に雇われている立場で行う業務ではありません。企業から一定の業務を個人に委託し、その業務を行う事で報酬を得る働き方のことです。労働基準法をはじめとする労働関連法の保護を受ける事はできず、さらには社会保険も全額自己負担となります。

法律規定の有無

アルバイトに関しては、法律上で「労働契約」に関する規定が定められていますが、業務委託に関しては、現状法律での明記はありません。その代わりに、民法の「請負契約」や「委任契約」を組み合わせたものが運用されていて、基本の内容は民法のルールに従って取り決めがなされます。

なお、請負契約とは、成果物に対する報酬を得ること、委任契約とは、契約中に行った業務に対する報酬を得ることと定められています。

アルバイトのメリット

アルバイトのメリットの一つ目が、先述の通り企業に雇われているという点で、労働基準法のもとで労災を受けられたり、面倒な社会保険や各種諸手続きを行ってもらうことができるという点だと思います。まさに、企業に守られているといってもよいのではないでしょうか。

二つ目は、時給で雇われることが多いアルバイトでは、働いたら働いた分だけ収入を増やせるという点です。収入をある程度慶安できるという点は、安心にもつながってきます。

三つ目は、シフト制のアルバイトの場合であれば、ある程度自分の生活のペースに合わせて働くことができるという点です。

業務委託のメリット

続いて業務委託のメリットを見ていきましょう。

一つ目が、より自由な働き方ができるという点です。

契約を遂行する上で、働く場所や時間などを制約されることがあまりなく、自分のペースで仕事を進めていくことができます。求められるものが遂行されれば、作業方法などに関しても特に問われることはありません。

二つ目が、高い収入を得られる仕事が探せるということです。

業務委託では、案件ごとに契約を結び業務を行っていくので、自分のスキルに合ったものや、より報酬の高い案件などを見つけられるチャンスがあります。経験を重ねていくことで、自分自身のスキルアップにもつながりますし、収入増につながるチャンスも増えていきます。

アルバイトのデメリット

一つ目が人間関係を構築する必要があるということです。アルバイトの場合、あくまでも会社に雇用されているという立場であるため、一労働者として様々な人と関わりながら仕事を進めていく必要があります。そういったことが苦手な人にとってはデメリットになってくるでしょう。

二つ目が、大きく収入を増やすことが難しいという点です。アルバイトはあくまでも初めから雇用契約を結び、決まった時給で働くこととなるため、経験を重ね多少の給与増はあっても、一気に収入を伸ばすことは難しいです。

三つ目が、シフトに縛られるがゆえに休みがとりづらいということです。

シフト勤務はある程度の融通はきくものの、急な欠勤などとなると周りに迷惑が掛かってしまうものです。そういった点で、かえって休みがとりづらいというデメリットが挙げられます。

業務委託のデメリット

一つ目が、労働基準法の適用外になるということです。

先述の通り、業務委託に関しては、法律で明記されていないため、労働基準法は適用されません。それゆえに、労災や福利厚生を受けられたりすることがなく、また長時間労働や休暇に関しても定めがないため自己管理が必要とされます。

二つ目が、保険や税金に関する手続きを自分で行うということです。

あくまでも一個人事業主であるため、このような諸手続きに関しても自分自身で行う必要があります。期限を守って確実に進めなければなりません。

三つ目が、仕事を自分で見つけ収入を確保する必要があるということです。

業務委託の場合、一つ一つ案件を獲得してそれが収入につながるため、毎回自分自身で仕事を獲得してくる必要があります。良い案件を見つけ、高い報酬を見つけられるようなこともあれば、なかなか自分に合ったものが見つからず収入が伸びないときもあるかと思います。収入が安定しないということもデメリットとしてあげられます。

まとめ

以上のようにアルバイトと業務委託では働き方に大きな違いがあります。それぞれにメリットデメリットもあり、自分自身がどういった働き方を望むかによって見方は変わってくると思うので、しっかりと把握したうえで選択する必要があるといえます。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました