業務委託とは?契約形態やメリット・デメリットについて解説

業務委託

業務委託とは?

メリットデメリットについて近年多く耳にするようになってきた「業務委託」という言葉ですが、皆さんは正確にその意味を理解しているでしょうか?

業務委託とは、企業が業務の一部または全てを外部の事業者や個人に委託することを指します。業務委託には雇用関係は生まれず、委託側と受託側の立場は対等になります。正社員は企業との間に雇用契約を結ぶため、雇用関係の有無が正社員との大きな違いとなります。

今回はこの業務委託について、より詳しく見ていきたいと思います。

業務委託の種類

業務委託には3つの種類があります。

1「請負契約」

請負契約とは、企業が自社以外の人材に業務を依頼し、その結果に対して報酬を支払う契約を指します。

企業が専門性の高い業務を必要とする場合や、業務の効率化をはかるために、契約を結ぶということが多いケースとされています。

請負契約の最大の特徴としてあげられるのが、一定の成果を出してはじめて報酬が支払われるという点です。請負契約では、完成責任が問われるという点は覚えておきましょう。

在宅ワークでの仕事をする場合の多くは請負契約であるとされています。例えば、ライター、システム開発、広告制作といった業務が挙げられます。

2「委任契約」

委任契約は、契約期間中に行った業務に対して報酬が発生します。請負契約と異なり成果物の有無は関係がなく、完成責任はありません。

成果が出なくても報酬が発生しますが、委任契約では、受託者に「善管注意義務」という義務が課されており、業務遂行にあたり、細心の注意を払うことが求められています。

職員向けの研修などを例に挙げると、契約通りに研修を行うことで業務は完了しており、たとえその後の職員の能力や職務遂行に役に立っていなかったとしても、その責任を問われるようなことはありません。

そのほか、訴訟代理人や税務顧問といった分野で使われている契約です。

3「準委任契約」

準委任契約は、法律行為を伴わない業務を行う場合の契約を指します。

法律行為にあたらない事務の委託などにおいて多い業務形態です。準委任契約は、委任契約同様、業務を遂行することで報酬が発生する契約です。

例えば、リサーチ業務やコンサルティング、システム運営といった分野で利用されています。

業務委託のメリット

続いて業務委託を結ぶメリットを見ていきたいと思います。

1「自分のスキルや知識を最大限にいかせる」

業務委託では、専門的な分野の知識や技術を必要とされることが多いため、そういった分野に長けている人にとってはまさに実力を発揮することができる絶好のチャンスだといえます。

また、自分のスキルアップにつながる業務を重ねることで、効率的に経験を積んでいくことができます。

2「仕事の自由度が高い」

基本的に仕事をする場所は、決められていないケースが多いため、自宅で仕事をすることも可能です。また、空いた時間に業務を進めることができるので、より効率的に仕事に取り組むことができます。

ライフスタイルに合わせて仕事を進めることができるのはとても魅力的だと思います。

3「人間関係のストレスが少ない」

個人で仕事を行うことが多い、業務委託は、人間関係によるストレスも少ないといえます。対人関係によるストレスなどを減らして、効率的に仕事に取り組みことができるというのもメリットであると思います。

業務委託のデメリット

続いてはデメリットについてみていきましょう。

1「収入が安定しない」

業務委託では単発で仕事を行うことが多く、自分自身で仕事を見つけてくる必要があるため、収入が安定しないという不安要素があります。また、継続した雇用が保障されていないという点もデメリットであるといえます。

2「事務手続き等の業務を自分自身で行わなければならない」

会社に属している場合には、会社側で行ってくれる各種手続きに関しても、業務委託の場合には個人事業主としてすべて自分で行わなければなりません。確定申告や納税、帆国民健康保険や国民年金の加入など、様々な手続きを行う必要があります。

3「労働基準法が適用されない

それにより失業保険や、労災保険がききません。また、長時間労働を行っても残業代が出たり、割増賃金が発生したりといったこともないため、業務を行う際には自分自身で調整しながら行う必要があります。

まとめ

今回は業務委託について掘り下げてきましたが、先述の通りさまざまなメリット、デメリットが存在します。業務委託に興味がある人は、ぜひ一度その点についてしっかり理解を深めたうえで契約を結ぶようにしていただきたいと思います。ちゃんとした認識をもっていれば、自分自身の能力を最大限に生かしながら、自分に適した仕事をより効率的に進めることができると思います。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました