業務委託で求められる英語力

業務委託

業務委託で求められる英語力

はじめに

そもそも業務委託とはどのような意味なのでしょうか?

答えは、自社で対応できない業務を、ほかの会社や個人といった外部に任せる契約です。

話は少し変わりますが、英語は世界の4人に1人が話す言語であり、ビジネスにおいても必要不可欠とされる言語となっています。

しかしながら、日本での課題に挙げられているのがその英語力の低さなのです。先進国であり、教育水準も高いとされているものの英語力の低さはこれまでも問題視されてきました。

そういったこともあり、現在業務委託における英語力(翻訳)の需要が高まっています。グローバルビジネスを行うにあたり、必要不可欠な英語力というのはいったいどのようなものなのでしょうか?

ビジネス英語とは?

 

ビジネス英語とは、その名の通り商談などのビジネスの場で使われる英語のことを言います。日本語でもビジネスの場では、敬語や謙譲語を使用するのと同様、ビジネス英語でも丁寧な表現を使用します。

例えば「言う」は「tell」ではなく、「説明する」の意味である「explain」

「~できますか?」は「Can you~?」ではなく、「~してもらえませんか?」の「Could you~?」を使用するなどというものです。

相手に対して失礼のないビジネス英語は、商談の成功にもつながる重要なカギを握る非常に重要なものなのです。

ビジネス英語に必要なポイント

ここからはビジネス英語に必要なポイントについてみていきましょう。

一つ目が、単語力です。

ビジネスによっては専門用語を使用したりすることが出てくるので、その分野の単語力を身につけておくことが必要です。

たとえ英語力に長けていても、その分野の単語や知識が身についていないと対応ができません。

二つ目が、リスニングとレスポンスです。

お互いに英語が母国語でない場合などには、相手の言い回しや表現が独特のものなどもあります。そういったものに対応できる力が必要とされます。

また、時として相手が言っていることがうまく理解できないようなこともあるかと思います。そういったときも円滑なコミュニケーションのもとで、会話を進めていくことができる力が求められています。

三つ目が、一番重要なビジネスマナーです。

これは言語に関わらずですが、会議や営業など場面によって言い回しを変えるような臨機応変な対応が求められます。

社会人としてのビジネスマナーは言語関係なく必要な技術だといえます。

このように仕事において重要である英語力ですが、なかなか社内ではまかえないといった課題を持っている会社も少なくはありません。

そこで役立つのが業務委託です。

先述のように、他社に委託することで効率的な業務を遂行することが可能になります。

では、業務委託にはどのような種類があるのでしょうか?

業務委託の種類

まず一つ目が、「請負委託」です。

請負委託とは、業務を完成させることを目的として結ばれる契約です。正確には、「業務を完成させたことによって生まれた成果物を得る」ことを目的としています。業務途中のままになってしまったもの、業務完了したけれど成果が出なかったものには、本来対価は発生しません。

二つ目が、「委任委託」です。

委任契約とは、業務の遂行を目的としたものです。業務を行いさえすれば、成果物がなくても対価が発生するところが請負契約との大きな違いです。

両社の選び方のポイントとしては、何を求めるかによります。

たとえば、店舗経営において繁忙期のみ業務委託したいという場合に、注文を受けて商品を制作し顧客に納品するなどの成果を目的にするなら「請負契約」を選び、店番を任せるなど事務処理を頼むだけの場合は「委任契約」を選ぶといったものです。

業務委託のメリット

一つ目が、採用や育成コストを抑制できるということです。

業務委託を使用することで、業務をまるごと委託先に任せることが可能です。委託先を検討する労力やコミュニケーションコストはかかりますが、新たに人材を採用したり育成したりする手間がかかりません。自社で採用育成することを考えると、かなりのコストダウンと時間の短縮が見込まれます。

二つ目に、自社にないノウハウやスキルを得られるということです。

先述のビジネス英語力のように、現在自社で不足している能力を業務委託では手に入れることができます。そのほか、システム開発やセキュリティ対策に対しても同様のことが言えます。

最後に、繁忙期などに人手不足を補うことができるということです。

企業ごとに異なる繁忙期の人手不足を、従業員を採用せずとも労働力を補えます。自社で採用となると、時間もかかり理想とする人材確保も不確実なものですが、業務委託を行うことでその問題を解決してスムーズな人材確保が可能となります。

以上のように、業務委託は効率的な業務遂行において、様々な面でメリットがあるといえます。もちろん自社の力も伸ばしながらではありますが、専門スキルの効率的な導入や、繁忙期などのノルマ達成に活用していくことができるものだと思います。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました