副業や複業に法務の経験が活かせる?具体的な活動から探し方まで解説。

職種

副業や複業に法務の経験が活かせる?具体的な活動から探し方まで解説。

副業や複業という働き方が一般的になってきている近年。

実は法務の経験も副業や複業に活かせることをご存知だったでしょうか?

専門性の高い知識や経験であるため、様々な場面で求められています。

そこで今回は、法務の経験を副業や複業に活かす方法から具体的な探し方まで解説します。

法務に含まれる仕事内容とは?

法務とは、一言で言うと「法律や司法に関する事務や業務全般の総称」を指します。

一概に法務と行っても様々であり、

企業法務:企業において行われる法務
国際法務:複数の国にまたがる法務
海外法務:日本から見て海外の法務
渉外法務:海外の人を対象とした法務

など様々に存在します。

法務の経験が活かせる副業・複業は?

法務の経験は副業や複業においても活かすことができます。

実際に、法務の経験は専門性が高く、希少価値が高いため、その知見と経験は様々な場面で需要があります。

こちらでは、法務の経験が活かせる副業や複業をご紹介します。

コンサルタント

法務としての経験や知識はとても専門性が高い内容になります。

そのため、コンサルタントとして顧客の法務に関する内容をコンサルティングしてサポートすることは需要があるでしょう。

コンサルティングサービスとしての活動であれば、電話やネット上でのやりとり、もしくはzoomなどを活用することができるため、オンラインで活動することだってできます。

また、顧客によっては企業のみとは限らないため、土日や平日の遅い時間帯などを活用することもできるなど、副業や副業として働きやすいでしょう。

コンサルタントとしての募集はクラウドソーシングなどのサービスにも募集されていますし、身近な人へのコンサルティングという形でも活動することは可能です。

セミナー講師

セミナー講師としても法務の経験を活かすことができます。

今までに得てきた法務の知識や経験を活かしながらセミナー内で伝えていきます。

コンサルタントとは違い、多くの人の前で情報提供をしていくような活動のため、ハードルが高く感じられるかもしれません。

しかし、他の業務とは違った能力や経験が得られる点では、挑戦してみることで新たな仕事に繋がる可能性もあります。

セミナー講師となると、時間の柔軟性はあまり自由度が高くありませんが、セミナーに来る観覧の方は平日勤務をしている方が大半のため、土日や祝日に開催されることが大半でしょう。

そのため、副業や複業としても活動をしやすいでしょう。

Youtubeなどの動画配信

動画配信を通して、法務の経験を活かす方法もあります。

法務の経験となると、身近な人で詳しい人が少ないでしょう。

その際に、情報収集としてYoutubeなどを活用する方に向けて、情報発信をすることで収入源にすることができます。

Webライター

法務の専門性を活かしてWebライターとしても活動できます。

実際に法務経験をしたライターであれば、法務に関するクオリティの高い記事を提供することができるため、Webライター内においても希少価値が高いです。

さらに、クラウドソーシングでは「法務経験のあるライターさん募集」という形で、経験者のみを募集条件としている場合も多く、専門性を存分に活かすことができるでしょう。

法務の経験が活かせる副業・複業の探し方

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングとは、インターネット上で様々な業務を依頼・受注できるサービスです。

クラウドソーシングで募集されている案件には様々なジャンルが存在し、初心者から専門性の高い人まで幅広い方が利用できます。

そのため、法務のような専門性の高い案件も数多く存在します。

一定の手数料は差し引かれてしまいますが、運営がしっかりと仲介をしてくれるため、安心して活動することができます

副業・複業マッチングプラットフォーム

マッチングプラットフォームを活用することで、スムーズに仕事を見つけることができます。

副業・複業マッチングプラットフォームでは、クラウドソーシングと比べて専門性の高い案件が多い傾向にあるため、法務に関する案件も見つけることができるでしょう。

SNS・知り合いの紹介

SNSによる相談、知り合いからの紹介などの方法でも仕事に繋がることがあります。

重要なのは、普段から副業や複業を始めたいと周囲の人に伝えることです。

そうすることで、知り合いが紹介してくれるチャンスが得られる可能性もあるでしょう。

また、SNSにおいても法務に関する情報発信を継続的にしておくことで、相談・スカウトというチャンスが得られる可能性もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は法務の経験が副業や複業に活かす方法から具体的な探し方まで解説しました。

もし、副業や複業としての活動を始めてみたいと考えている方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました