フリーランスとは?意味や定義、必要な準備、おすすめの職種まで徹底解説。

知識

フリーランスとは?意味や定義、必要な準備、おすすめの職種まで徹底解説。

終身雇用の崩壊により、フリーランスや副業・複業、転職など働き方に関する内容に注目が集まっています。

最近では「フリーランス」という言葉をよく耳にするようになりましたが、いまだに意味や定義を知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、フリーランスの意味や定義、なるために必要な準備、そして最後にはおすすめの職種までご紹介します。

フリーランスとは?

「フリーランス」という働き方が浸透しつつあり、一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

しかし、そもそもフリーランスという言葉の意味や定義を厳密に理解できていない方もいることでしょう。

そこでこちらでは、フリーランスの意味や定義、個人事業主との違いまで解説します!

フリーランスの意味

フリーランスとは、「会社や組織に属することなく、個人で仕事・業務を請け負い活動する働き方」のことを指します。

依頼主から求められるスキルや技術、コンテンツを契約ごとに提供し、その活動の対価として報酬をもらうという働き方の形です。

フリーランスという言葉の由来としては、様々な諸説がありますが、フリーランスは英語で「freelance」となります。

そして、直訳すると、「free(自由の)」「lance(槍)」という意味になります。

なぜこのような言葉になったのかと言うと、中世ヨーロッパ時代まで遡ります。

中世ヨーロッパでの戦争のたびに、契約して有力者として活動した騎士を「フリーランス」と呼んだことが由来だと言われています。

フリーランスの定義

フリーランスに厳密な定義はありません。

自分自身の専門スキルや技術を活用して個人として仕事を請け負う働き方をすれば、どんな仕事内容であってもフリーランスと名乗ることができます。

しかし、似た働き方の副業・複業とフリーランスでは意味が異なります。

副業や複業の場合は、複数の業務をあわせ持つ働き方ですが、フリーランスの場合は会社に属さず、独立した事業者として活動する働き方です。

フリーランスと個人事業主の違い

フリーランスと似た「個人事業主」という働き方がありますが、厳密には定義が異なります。

個人事業主は「個人で事業を行う者として、税務署に開業届を提出し活動をする人」のことを指します。

つまり、「法人ではない個人の事業を行う人」ということになります。

では、「フリーランスと個人事業主の違いって一言でいうと何?」と聞かれた場合はなんと回答すれば良いのでしょうか?

それは、税務上では「開業届を提出しているかどうか」という点が挙げられるでしょう。

フリーランスになるために必要な準備

フリーランスとして活動をする上で、どこから仕事を請け負うのかを調べておく必要があるでしょう。

また、フリーランスは会社員と税金や保険の制度が異なります。

今まで会社員として働いていた際は、会社が面倒な手続きを行ってくれていたと思いますが、フリーランスとして活動するのであれば、手続き関連は全て自分で行わなければなりません。

そのため、税金や保険、年金制度、確定申告等の法律関連などを事前にしっかり理解することが大切です。

フリーランスにおすすめの職種

プログラマー(SE)

プログラマーはフリーランスにおすすめの職種の一つです。

プログラマーは、企業からプログラムの依頼をされて、ハードウェアやソフトウェアを動かすためのプログラミングを行うのが主な仕事です。

また、システムエンジニア(SE)もフリーランスに人気の職種の一つであり、依頼主からのヒアリングからシステム設計の構築、プログラムのテストなど、プログラム作成以外の部分を担当します。

Webマーケター

webマーケターもおすすめの職種の一つです。

近年では、デジタルにおけるマーケティングの需要が高まっており、人手不足となっています。

業務としては、主にコンサルタント側か専門的スキルを活かすかで異なります。

コンサルタントの場合は、クライアントと並走してマーケティング施策を考え、一方で専門的スキルに関しては、広告運用やSEO施策などが挙げられるでしょう。

Webデザイナー

WebデザイナーはWebサイトのデザイン制作を請け負う職種です。

依頼をするクライアントからどのようなデザインにするかをヒアリングし、その後デザインやコーディングを行います。

Webデザイナーはクラウドソーシングサイトでも頻繁に募集されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はフリーランスの意味や定義、なるために必要な準備、そして最後にはおすすめの職種までご紹介しました。

フリーランスという働き方は魅力的に思えますが、一方で全て自己責任になるため、必要な知識はしっかりと身に付けておく必要があります。

未経験からいきなりフリーランスは難しいかもしれませんが、「もっと自分に合った働き方をして人生を豊かにしたい!」と思ったら、フリーランスという働き方を選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました