働き方改革で何が変わる?働き方の具体的な変化から目的まで解説します。

働き方

働き方改革で何が変わる?働き方の具体的な変化から目的まで解説します。

近年、注目されている「働き方改革」ですが、具体的に「働き方がどう変化するのか?」を知らない方は多いのではないでしょうか?

本記事では、働き方改革によって起こる変化から目的、時代背景まで合わせて解説します!

働き方改革とは?

働き方改革とは、「政府が掲げる”一億総活躍社会実現”に向け、働く人々の労働環境を大きく見直す取り組みのこと」を指します。

この取り組みは、従業員数や企業規模にかかわらず、すべての企業に必要な対応とされています。

政府が推進し始めた時期としては、2018年6月には「働き方改革法案」が成立、2019年4月から「働き方改革関連法(働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律)」が順次施行されています。

働き方改革が必要な背景

働き方改革が必要とされるようになった理由として、社会問題も含めた時代背景が関係してきます。

そのため、企業に限らず、日本という国全体が抱えている問題として考えられています。

少子高齢化による労働人口の減少

現在、日本は少子高齢化社会と呼ばれ、深刻な人手不足に陥っています。

いわゆる「労働力」と考えられる「生産年齢人口」は、1995年以降から減少をし続けており、今後もさらに加速する見込みです。

また、人手不足の原因として、「少子高齢化により、若い労働者の人数が少なくなった」という要素だけでなく、増えた高齢者を介護しなければならない、などの理由から一時的な離職・退職に見舞われているケースが多いのも現状です。

そのため、働き方改革を通じて、「高齢者の労働参加」や「テクノロジーを活用した業務効率化」などの施策から労働力を補う取り組みがより一層進められています。

加えて、「労働力を増やす」という面では、「副業・複業」などを通して、多様な働き方を提供し、少しでも人手不足を補う施策が考えられています。

労働者の過労問題

現在、日本では高度経済成長以降から長時間労働の常態化が蔓延っています。

それは令和である現在でもなお、問題視されているのは言うまでもないでしょう。

特に近年において、「国内大手企業での過労死事件」や「情報社会により、ブラック企業の露出化」などもあり、働き方に対して特に注目を集めました。

そのため、政府は「働き方改革」によって、長時間労働を削減し、全労働者が健康的に働ける仕組み作りに注力しています。

具体的には、「残業時間の制限」や「副業・複業など、働き方の多様化」などを通して、労働者がより一層働きやすい環境を提供することに従事しているのが現状です。

労働生産性の低下

労働生産性とは、「労働者1人当たりが生み出す労働力」の指標です。

この労働生産性は、国における経済成長と関係があり、日本においては主要先進国の中でも特に低いと指摘されています。

その原因としては、時代遅れの働き方やデジタル化の遅れなど様々です。

さらに、少子高齢化による「労働人口の減少」も今後の懸念材料となるため、少数精鋭でも成果が出せる仕組みづくりを進める必要性があります。

働き方改革の目的は?

働き方改革を推進する一番の目的は、「労働者にとっての働きやすさを維持すること」という点にあります。

そのため、労働者だけでなく、企業も一緒になって働き方を見つめ直す必要があるでしょう。

また、政府にとっては、「労働者への働きやすさの実現」に加え、雇用促進の目的もあります。

雇用促進をすることで、労働人口・労働力の増加により、「税収の増加」「日本経済の発展」なども大きな目的として挙げられるでしょう。

つまり、政府は「労働力の確保」「生産性の向上」を通して、「労働者の働きやすさ」と「日本経済の発展」を目的に働き方改革を推進しているのです。

働き方改革による働き方の具体的な変化は?

政府が進める「働き方改革」には、主に3つの変化が期待されます。

・多様な働き方の実現
・格差の解消
・労働者の過労防止

多様な働き方の実現

働き方改革では、多様な働き方の実現も目的の一つです。

多様な働き方を実現できれば、労働力の確保や労働者の働きやすさに繋がります。

具体的に「多様な働き方」とは、「副業・複業の推進」や「フレックス制度の拡充」、「在宅勤務」、「育児と仕事の両立をサポート」などが挙げられます。

時間を有効活用して働ける環境作りをすることで、結果として労働力の確保に繋がり、国の経済発展も期待できるでしょう。

格差の解消

日本企業が抱える問題の1つに、正規・非正規の格差があります。

具体的には、「待遇差」や「賃金格差」が問題視されており、不平等さをなくす働きが働き方改革によって高まっています。

そのため、人手不足に悩まされている業種には、非正規雇用からの正社員採用を進めるなどの取り組みが進められています。

労働者の過労防止

日本男性の平均労働時間はOECD加盟国の中でも最も長いと言われています。

中には「みなし残業」や「サービス残業」などもあり、いまだに劣悪な労働環境下で働く労働者は数多く存在しているでしょう。

この問題を解消するため、政府は「休日出勤の禁止」や「残業時間の制限」、業務効率化」の観点から、就労改革を行なったり、「フレックス勤務」や「在宅勤務」などを推し進めることで、労働者の過労防止をする対応をしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「働き方改革の目的から具体的な変化、時代背景」までご紹介しました。

働き方改革がうまく進むことで、労働者だけでなく日本経済の発展にも繋がります。

今後、経営者だけでなく労働者の方も、働き方改革の時代にあった働き方を模索していく必要があるでしょう。

本記事が少しでもお役に立てていれば幸いです。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました