営業に役立つ資格は何?複業希望者必見!営業職での経験はそのまま複業に活かせます。

職種

営業に役立つ資格は何?複業希望者必見!営業職での経験はそのまま複業に活かせます。 

営業は誰もが知っている身近な職種です。では営業職に就くとどのようなメリットがあるのでしょうか?この記事では、営業に必要な能力や資格の紹介をした上で、副業への活かし方を紹介します。

営業とは

営業は、身近な仕事ですがその特徴を詳しく理解できている人は少ないかもしれません。そこで、まずは営業の仕事内容や特徴について解説していきます。

営業の仕事は、顧客に製品やサービスを販売することを主軸とする職業です。 多くの企業は製品やサービスの販売を営業担当者に依存しているため、この分野でキャリアを積みたいと考えている人にとっては、選択肢が多いと言えます。営業担当者は、製品やサービスに関連する情報をうまく伝えることで既存のクライアントと末長くビジネスを継続できるようにサポートしながら、見込み客を見つけ関係を築くなど、多岐にわたる業務を行います。つまり、営業担当者は、見込み客またはクライアントと企業との連絡窓口のような職種です。そのため、営業の仕事に就くことで、さまざまな分野でネットワークを広げることや、コミュニケーション能力の向上、ビジネスにおける基礎知識の蓄積などが期待できます。他の部署では、習得するまでに時間がかかるような能力も営業では学んだことを実践する場が多いため、より早く習得することが期待できます。 また、営業職はプレゼンテーションやスプレッドシートの作成や管理などのタスクに多くの時間を費やす可能性があります。そのため、デスクワークも必須になるでしょう。一方で、営業先に毎日電話やメールで連絡するなど、細やかな気遣いも必要とされる職種です。場合によっては海外を飛び回る可能性があるのも営業職の特徴の一つです。

営業に役立つ資格

営業担当者は、前述の通り多くの異なる人々との永続的なつながりを築くことができる職種です。さまざまな分野の人とつながりを築くことでで、次のキャリアに進む上で、役に立つ職種だと言われています。つまり、初めて社会に出る人にとって、最適の職種でもあります。それでは、営業職に就くためにはどのようなスキルや資格が必要なのでしょうか?企業によりますが、営業職という広い分野でみると必須の資格などは特にありません。しかし、持っていて損のない資格はたくさんありますので、一部をご紹介します。

  • 日商簿記

経理業務を行わない場合でも日商簿記の資格は大いに役立ちます。なぜなら、お金が動くビジネスにおいて、最初に直接関わるのが営業職だからです。見積書や請求書を理解できるようになることはもちろん、実際に自分で見積書や請求書を作る必要があるので、日商簿記の知識は大いに役に立ちます。お金に対する感覚を学ぶためにもぜひ取得してほしい資格です。

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト

略したMOSと呼ばれる資格で、どの程度パソコンのスキルがあるか可視化できる検定です。営業職は、顧客と契約を結ぶ上でプレゼンテーションが必須になります。また、契約に関する書類の作成や、データの整理など、営業職にとってパソコンを使用した業務を避けて通ることができません。そのため、事前にパソコンのスキルがあれば業務がスムーズに進みます。自分のスキルが可視化できるため、アピールポイントにもなります。

  • 秘書検定

ビジネスマナーが身に付く資格です。営業職とは縁のない資格と思われがちですが、実は一番実践的に使える資格の一つです。営業職は、営業先のクライアントに直接会う機会が大変多いです。さまざまな状況でクライアントと関わるため、どのような状況でも失礼のないように瞬時に対応できる能力がつく秘書検定は、営業職にとって強みになります。また、外部との電話やメールでのやり取りが多いため、よりスムーズに業務を行うためにも、学んでいると役に立つ資格だと言えるでしょう。

  • 営業士検定

あまり聞き馴染みのない資格かもしれませんがその名の通り、営業職を目指す人にとって最適な資格の一つです。営業士の資格を取得すれば、営業活動やマーケティングする上で必要な知識を身につけられるほか、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が十分あることを証明できるため、就職する上で有利に働くでしょう。レベルの高い営業戦略やリーダーシップに関する知識もつけられるため、営業活動にすぐに応用できる資格です。

  • 中小企業診断士

企業経営にまつわる知識を身につけられる資格です。既存クライアントの経営状況を見抜くことや、新規の取引先を開拓する上で役に立つでしょう。しかし、経営や営業のことだけでなく、経済学や財務、情報システムを含む7科目を勉強しなければならないため、難関資格と言われています。逆に、取得すれば周りとの差は歴然で、長い目で見ても常に強みとなる資格だと言えます。

以上、代表的な5つの資格を例に挙げましたが、その他にも役に立つ資格はたくさんあります。特に営業職は幅広いので、取り扱っている商品やサービス、またはクライアントによって役に立つ資格はさまざまです。例えば、海外との取引が多い企業の場合、TOEIC等の英語資格が必須になりますし、金融商品を取り扱う場合は、ファイナンシャルプランナー等の資格が役に立ちます。このように、自分がどのような商品やサービスを取り扱うかによって、取得する資格を十分検討することが大切です。また、同じ営業職でも業界によって所得に大きな差が出るため、事前の調査は怠らないようにしましょう。

営業と複業

複業には3つのパターンがあります。

  • 企業と雇用契約を結び会社員として働きながら、フリーランスで別業務を行う 
  • フリーランスで複数の業務を行う
  • 複数の企業と雇用契約を結び、会社員として働く

営業として働きながら、複業を行いたい場合はどのパターンでも挑戦可能です。営業職は選択肢が広いため、自分に合った働き方を模索してみましょう。営業職で培った能力は、どのような職種にも応用できます。フリーランスとして働く上でも、営業能力は絶対に必要です。商品やサービスがない場合でも、自分を売り込むことも、営業の一部です。つまり、将来的に複業を行いたいと考えている方、またはフリーランスで生きていきたいと考えている方は、まず営業担当として企業に就職することを大変お勧めします。企業に関する知識はもちろん、営業で培ったコミュニケーション能力、広いネットワークは必ずあなたの役に立ちます。

「複業」をはじめよう!

KROWはこのようなご自身の持てる能力を広く社会に還元する(複業=Multiple job)意欲のある方をサポートしおつなぎしております。

現在会社員の方はもちろん、資格をお持ちの方、起業家の方など「真の意味の複業」を目指す人を募集しています!

[取材・編集 KROW編集部]

コメント

タイトルとURLをコピーしました